「ほっ」と。キャンペーン
Top
カテゴリ:作り方( 6 )
Top▲ |
ロックミシンの電球交換方法
ロックミシンの電球が届いたので、早速交換してみました。
必要なのは電球と、この黒い電球を交換するゴム製のキャップみたいなもの。買った時の小道具一式を出してきたら、入ってました。

f0040817_10181035.jpg
まずは、切れた電球を外すとこから。
キャップをかぶせて回したら外れました。
f0040817_10255150.jpg
新しい電球をキャップに取り付けて、先ほどの場所に取り付け。
f0040817_10181038.jpg
無事に電気が付きました!!
f0040817_10181091.jpg
ついでに10年物のブラシも買い替えました^^;
f0040817_10181055.jpg

↓電球メール便で送ってもらえました!私がよく折る職業用ミシンの棒針糸かけとかも部品で買えて助かってます^^;



[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2014-10-14 10:32 | 作り方 | Trackback | Comments(0)
カットクロスでリボンピンの作り方
f0040817_10595799.jpgカットクロスのもう一方のの布、3☓12cmの方の布を使います
中央が1cm程重なるように三つ折にします
(折りたたんだ内側が布の表です)

f0040817_1115019.jpg布端から7mmぐらいのところをミシンで縫います
両端同じように。

f0040817_1101514.jpg折りたたんだ中央の布が重なった部分から表にひっくり返します


f0040817_11342.jpgリボンの中央を山を2つつくるようにしてつまみます

f0040817_113757.jpg細いワイヤーで中央をとめます

f0040817_1131019.jpgレースを用意し、リボンの中央をぐるっと巻いてグルーガンでとめます

f0040817_1110174.jpg小さいリボンなので、ヘアピンにしました。
今回はカットクロスを無駄なく使うためにレースや革を使いました。
説明という説明になっていないと思いますが、画像が参考になれば幸いです。
[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2012-12-23 10:59 | 作り方 | Trackback | Comments(0)
カットクロスでリボンゴムの作り方(2)
f0040817_1049228.jpg続きです・・・
リボンの土台、ゴム(約20cm)、革(1cm☓12cmぐらい)を準備する

f0040817_10493421.jpgリボンの中央を山を2つ作るようにして指でつまんでおく

f0040817_10493791.jpg細いワイヤー(リボンタイ等でもOK)で中央をとめる

f0040817_10494091.jpgリボンの形を整えます

f0040817_10502717.jpgゴムを輪にして、革でリボンとゴムを革でぐるっと巻きます
巻き終わりはグルーガンで接着しました
余分な革は切り落として完成!
革じゃなくてもレースなどで巻いても可愛いです☆

[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2012-12-23 08:49 | 作り方 | Trackback | Comments(0)
カットクロスでリボンゴムの作り方(1)
f0040817_9242138.jpgカットクロスの大きさは12cm角

f0040817_9261187.jpg1辺が3cmと9cmになるようにカットする
3☓12の布と9☓12(単位cm)の布になります
ここからは9☓12の方の布を使います

f0040817_9274724.jpg図のように横長になるように半分に折る

f0040817_9295060.jpg長い方の辺を縫う
この時、中央を3cm程返し口になるように開けておく(ピンクの線あたり)

f0040817_93978.jpg黄緑色の先がさっき縫ったところ
(左右の線があってなくてスミマセン)
縫ったところが中心にくるように折り目を変える

f0040817_1893811.jpg両端を縫い代1cmで縫う

f0040817_1811090.jpg返し口からひっくり返す

f0040817_18112280.jpg布と同じ大きさのキルト芯を用意して、返し口から中に入れる
※今回は少しふわふわ感が欲しかったのでキルト芯を使用しましたが、接着芯や綿でもお好みで!
ここでひとまずリボンの下準備完成!


[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2012-12-22 10:48 | 作り方 | Trackback | Comments(0)
フェルトの編みハート
f0040817_2034997.jpg

先日作ってた編み編みのハートの作り方を簡単にご紹介します(*^^*)
材料はフェルト。同色でも、2色でもお好みで!

f0040817_2035019.jpg今回私が作ったのは8cmの正方形に半径4cmの半円をくっつけた形。
正方形のそこの部分は輪の状態で裁断します。
その後、お好みの幅で正方形部分に切り込みをいれます。ちなみにこれは2cmと1cmの幅で交互に切り込みをいれてます。

f0040817_20350100.jpg

2枚のフェルトを写真のように重ねて、上から1本ずつ、交互になるように編んでいきます。

f0040817_2035034.jpg

2段編んだところ

f0040817_2035057.jpg

全部編めたら写真のように中に物を入れられるような形になってます。

f0040817_2035037.jpg
最後に模様の隙間を利用して、リボンを通して持ち手をつければ完成!!
出来上がるまで??って思う部分もあると思いますが、興味のある方は挑戦してみてくださいね。
[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2012-11-27 20:03 | 作り方 | Comments(0)
巻きロックでシュシュ作り
布を準備します。今回は13☓55cmで作りました。
f0040817_9214834.jpg

中表に長い方を半分に折ります。
ここでゴム通し口を残して縫い合わせます。
ゴム通し口となるのは、上から約1/4あたり(布を4等分に折ってクリップで目印に)
ゴム通し口(約1cm)を避けて、緑のラインの部分を縫います。(縫い代約1cm)
f0040817_9215055.jpg

縫いました。矢印の部分のみ縫い残してある状態です
f0040817_9285897.jpg

縫い代を割ります(私は手ぐしでしました)
f0040817_929296.jpg

次は短いほうを外表に半分に折ります(布は輪になった状態です)
f0040817_929378.jpg

ゴムを通す部分を作る作業です
ゴム通し口(矢印部分が縫い残した部分)の右側を一周ぐるっと縫います
ミシンのガイド線を見ながら等幅で!
f0040817_9304223.jpg

次はゴム通し口の左側を一周ぐるっと。
f0040817_9311335.jpg

ロックミシンに移動して・・・
お好みの色で巻きロックをします。
布端の方は布を切りながら巻きロックをかけるときれいです。
f0040817_9311531.jpg

反対側も巻きロックをかけます
こっちは輪になってるので、メスロックをして、布は切らずにロックをかけます
f0040817_9311796.jpg

ロックの糸端は、綴じ針で縫った中に入れちゃえば解ける心配もないです
f0040817_9311847.jpg

ゴム通し口からゴムを通します。
ゴムの長さはお好みですが、今回は20cmの長さにしました
f0040817_9312025.jpg

完成です!!
f0040817_9312239.jpg

フリルになったシュシュって縫う箇所が多くて面倒だと思っていましたが、巻きロックなら簡単!面倒くさいのが嫌いな私にはぴったりでした。
覚書程度ですが、参考になれば幸いです。
[PR]
Top▲ | by beans-mama | 2011-07-13 09:33 | 作り方 | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |